ランドセルは進化している

現代のランドセル事情、親世代や祖父母世代とはくらべものにならないくらい、多種多様なデザインから選べるようになっています。

ランドセルはカラフルに、軽く、そして大きくなってきているのが現状です。

色やデザインは、特に学校側の指定がなければ、お子さんのお好きなものを選択するので良いでしょうが、最近の標準は、それ以外のところにもあります。

まず、最近話題なのがA4サイズがすっぽり入るサイズかどうかというところです。

小学校では、プリントサイズがほとんどA4サイズ。

これを整理するためには、A4サイズのクリアファイルや連絡袋を使用しますから、折り曲げたりせずに、出し入れしやすいサイズでなければいけません。

もう一つは、小学校によって、小学校6年間のランドセルの使用を定めているところが多いので、その耐久性も、親が考慮して選んであげたいところです。

また、最近では、軽く背中にフィットするように、軽量タイプ、肩ベルトに工夫がしてあるもの、留め金がワンタッチでロックされたり、アンロックされたりするタイプのものなど、さまざまな種類があります。

フィットちゃんランドセルオンラインショップを参考に見ると、子供の小さいからだに負担をかけず出し入れがしやすく便利で、長く使える耐久性も備え、更には現代のライフスタイルや好みの多様化にマッチした形へと進化しているようです。